ダイエットエステのおすすめ!人気店の口コミ情報、体験での痩身効果などもご紹介

大学生でもダイエットエステに通える?

ダイエットのエステは、大学生でも問題ありません

学生の場合、比較的早く痩せられる事も多いです。

サロンによっては、社会人よりは料金が安くなる事もあります。

なお未成年者の場合は、たいてい親権者の同意が必要ですが、20歳以上でも同意が必要なサロンもあります。

 

サロンの減量効果が出やすい学生

痩身エステは学生でも問題ありません。

サロンに通うのは年齢制限が無いからです。

大学に通う学生ももちろん問題ありません。

そのサロンに通って、減量に励んでいる学生はとても多いです。

学生の場合は短い期間で痩せやすい傾向があります。

社会人よりも学生の方が短期で痩せられる事も多いです。

その主な理由は新陳代謝と年齢です。

痩せる為には、やはり新陳代謝は大切です。

代謝が活発な方がスリムになりやすいので、多くの方々は運動に励んでいます。

運動すると脂肪が燃焼される上に代謝も活発になるからです。

その新陳代謝は年齢との関連性もあって、総じて若い方々は代謝が活発です。

20代前半の学生は代謝が活発ですから、比較的痩せやすい傾向があります。

30代ですと、4回くらい施術を受けないとスリムにならない事もありますが、20代なら3回でスリムになるケースが多いです。

新陳代謝が活発なので、少ない回数で成果が出る傾向があります。

学生によっては、1回施術を受けただけでスリムになる事もあります。

ですから体形が気になっていて、少しでも早く痩せたい時は、サロンの施術も前向きに検討してみる価値があります。

 

大学に通っている内に契約する方がお得

ところで学生によっては、就職が近い事もあります。

大学4年生ですと、卒業後にはすぐに内定先で働く事になります。

その場合は、大学4年生の内に痩身エステの契約を済ませておく方が良いでしょう。

割引があるからです。

もちろんサロンで施術を受けるなら、料金は支払う必要があります。

しかし学生の場合は、学割があります。

一部のサロンが提供しているサービスで、あくまでも学生限定になります。

社会人の場合は、通常料金が適用されるです。

例えばあるサロンの場合は、50%割引のサービスがあります。

社会人と比べると、毎月1万円以上はお得になります。

それで上述の大学4年生の場合、サロン契約のタイミングの選択肢は2つあります。

大学に在学している内にサロンで契約を済ませるか、就職してから契約する選択肢もあります。

学生の内はあまりお金がないので、就職してから契約すべきか迷っている学生も多いです。

その場合、大学に通っている内に契約を済ませるのがおすすめです。

上述の通り、大学生なら50%は割引されますから、明らかに施術の料金がお得になります。

しかし社会人になってからサロンに通い始めますと、通常料金が適用されてしまう訳です。

状況によっては、学生よりも毎月の負担額が1万円ぐらい高くなってしまいます。

その数字は軽視できません。

サロンには、数ヶ月ほど通いつめることもあります。

数万円ほどの差が付く事も多いので、就職後というよりは、大学4年生の内に契約を済ませる方がお得です。

 

未成年の場合は親権者の同意が必要

ところで大学に通っている学生は、成人していない事も多いです。

例えば大学に現役合格したのが18歳なら、少なくとも大学2年生までは19歳になります。

つまり2年生までは未成年になる訳です。

そしてサロンで施術を受ける場合、たいてい両親の許可が必要です。

両親に何も話していない状態で施術を受けるのは困難なので、注意が必要です。

大部分のサロンでは、両親の同伴が求められます。

学生1人でお店に行くのではありません。

同伴が必要なら、まず両親に「痩せる為にサロンで施術を受けたい」と話しておく必要があります。

また同伴が必要ないサロンでも、同意書は必要です。

いわゆる親権者同意書ですが、ご両親などがその書類に記入していないと、サロンで施術を受ける事はできません。

しかもその同意書は、学生本人が記入するのではありません。

学生ではなく親権者が同意書に記入する必要があります。

という事は、やはり学生としては親権者に話をする事になる訳です。

ですから学生がサロンで施術を受けたい時は、必ず「親権者への相談」です。

また学生が施術を受けたいなら、学生証も準備しておく必要があります。

というのもサロンに対しては、本人が学生である事を証明しなければなりません。

たいていの大学では、学生証を発行していますから、それをサロンに提出する事になる訳です。

このためサロンでカウンセリングを受ける前に、まずは学生証を準備しておく必要があります。

つまりサロンに対しては、同意書と学生証という2つの書類を提出する事になります。

 

親権者同意書なども必要ですが、いずれにしても大学生でもダイエットのエステの施術を受ける事は可能です。

学割のメリットもありますし、少しでも早く痩せたい時などは、サロンでカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

学生なら短期で痩せられる事も多いので、おすすめです。

サイト内検索
ダイエットエステランキング
エステティック ミス・パリ
ソシエ
キレイサローネ
スリムビューティハウス
ミスパリ ダイエットセンター
バイオエステBTB
ラパルレ
Bloom
たかの友梨
ヴィトュレ