ダイエットエステのおすすめ!人気店の口コミ情報、体験での痩身効果などもご紹介

ダイエット中に控えるべきものとは?

ダイエット中に控えた方が良い食べものは本当にたくさんあります。基本的にカロリーが高いものは控えた方が無難です。また、どのようなものがカロリーになってしまうのか、そこだけでも知っておけば、かなり結果が変わってくるでしょう。

パン類に関してはできるだけ控えた方が良い

体重を落としてダイエットを成功させたいと感じている人は、どのような食事を控えるべきなのでしょうか。せっかく頑張って有酸素運動をしても、その有酸素運動で消費したカロリーをオーバーするほどのものを食べてしまっては、意味がありません。大前提として、脂っこいものは避けた方が良いですし、砂糖がたくさん入っているジュースなども、極力飲まないことが重要です。

意外と知られていないところとして、パンはお腹にあまり残らないにもかかわらず、非常にカロリーに変わりやすい食べ物です。ご飯の方が腹持ちも良いですし、しっかりとエネルギーも出せるようになるので、一石二鳥でしょう。実際、カロリーを調べてみると、あまりトッピングがかかっていないドーナツやメロンパンなどでも、1個で500キロカロリーにもなります。成人男性が1日に摂取できる食事は2000キロカロリー程度なので、パンがいかにカロリーモンスターなのかがわかるでしょう。

アルコールも極力控えるべき飲み物

砂糖が入った飲み物も、ダイエットをしている人は避けた方が無難です。ただ、真面目に有酸素運動を毎日行っている人は、砂糖を全く摂らないと低血糖になってしまう可能性があるため、そちらの方が危険です。スポーツドリンクにたくさんの砂糖が入っているのはそのためです。もっとも、真面目にスポーツをしている人は、そこまで気にせずに飲んで大丈夫です。

飲み物の中で最も注意しなければいけないのは、アルコール飲料でしょう。アルコールも、脂っこい食べ物と同じ位、カロリーに変わりやすいと言う特徴があります。しかも、アルコールを摂取すると肝臓に負担がかかりますし、運動機能も衰えるので、ダイエットをしようとしている人にとっては天敵です。どうしても飲みたいと言うのであれば、頻度を減らしたり、1回あたりに飲む量を減らしたりして、工夫することが大切です。

腹筋はあまり効果がない

また、意外かもしれませんが、腹筋はあまりダイエットには効果がありません。もちろんやった方が良いですが、日ごろから運動が得意ではない人は、腹筋だけで疲れてしまう可能性があります。体の基礎代謝量を決めるのは筋肉なので、体全体で見ればわずかしかない腹筋だけ集中して鍛えるのは、ナンセンスだと言えるでしょう。

むしろ、体の半分ほどを占める筋肉である足の筋肉を鍛えたほうが、ダイエットではよほど効果的です。足の筋肉量を増やすことによって太りにくい体を実現できますし、体重を落とすのもかなり速くなります。女性はあまりスクワットなどをやるイメージがないかもしれませんが、積極的にやったほうが良いでしょう。体型維持をしっかり行っている女性ほど、足腰の鍛錬を行います。腹筋や体幹のトレーニングに集中するのは、それからでも遅くないです。並行して行っても構いませんが、かなり運動に時間を割くことになるので、気をつけておきましょう。

ダイエットのときの代表的な運動と言えば、今までは腹筋でした。しかし、実際には基礎代謝量をほとんど高められません。それなら、体全体をまんべんなくトレーニングし、余った体力で有酸素運動も実践した方が、よほど美しい体を手に入れることができます。1番重要なのは、運動をつらいと思わないことでしょう。むしろ趣味として、ワークアウトを生活の一環に取り入れることが大事です。

ダイエット中は、カロリーの高いパン類に関しては、出来る限り控えておいた方が無難です。また、脂肪に変わりやすく、運動効率を下げるアルコールは、飲まない方が無難だと言えるでしょう。筋力トレーニングで結果を出すなら、とにかく筋肉量の多い足腰を鍛えるのが最優先事項です。

サイト内検索