ダイエットエステのおすすめ!人気店の口コミ情報、体験での痩身効果などもご紹介

ダイエットエステの脂肪冷却とは?

医療機関では痩せたい悩みに対して脂肪吸引の手段でスッキリとさせることが出来ますが、ダウンタイムが長くかかるのは大きなネックです。

ダイエットエステの場合は手術をすることなく、脂肪冷却の機器を使用することで、無理なく気になる部位の脂肪を減らすことが出来ます。

脂肪細胞を凍らせて体外へ自然に排出させる

冷凍庫に水をいれると0℃で凍りますし、お肉などを入れれば4℃で凍りますが、これを美容業界の技術に活かしているのが、ダイエットエステでも採用される脂肪冷却です。

具体的な手段としては、人間の身体の中でも脂肪細胞の多い箇所に専用のマシンを利用して4℃まで冷やし、冷やされた脂肪細胞が全てノックアウトされます。

不要物となった脂肪細胞はそこに留まることはなく体外へとゆっくりと排出されていくので、メスを使うような脂肪吸引手術などとは違い、大きなリスクも負担を感じることもありません。

この機器をアメリカの厚生労働省と呼べるところでは、人間が使用をしても脂肪を減らすために効果があると認めているので、美容だけではなく積極的に医療機関でも導入をされているほどです。

サロンで導入をする機器を使用することでダイレクトに脂肪にアプローチはしますが、メスを用いるわけではないので身体に傷を付けるようなことにもなりません

医療機関での手術だと脂肪を除去した後に、長いダウンタイムがありますし、仕事もしばらく休むこともあります。

ですがサロンで受けることのできる機器であれば施術を受けても通常の生活を送ることが出来るので、職場に休暇をとる必要もありません。

自力では難しい部分痩せもピンポイントだから得意

ダイエットエステで採用をする脂肪冷却を受けることで、希望部位の脂肪を無理なく減らせることが出来るため、多くの女性が悩みにしている部分痩せも成功をさせることが可能です。

ダンベルでエクササイズをしてみても、バスタイムに揉み解してみても、二の腕やヒップに太ももなどについた、セルライトや脂肪はなかなか落ちません。

ですが冷やす機器を使用するときの施術はピンポイントですので、狙った箇所の脂肪細胞を着実に減少させることが出来ます。

食事制限をして体重は減っても、下半身や腕など肝心な部分の脂肪が落ちずに悩んでいた人にとっても嬉しい施術ですし、たんに揉み解して散らすだけではなく脂肪細胞の数がそれだけ減ります

脂肪を体内へと蓄えるために活躍をしている脂肪細胞の数自体が減少をすることにより、リバウンドをしにくくなるのもメリットです。

ただし普段の食生活でのカロリーコントロールは必要であり、油断をしてたくさん食べたり甘いものばかり口にすると体重が増えますし、また脂肪細胞が誕生をしてしまいます。

痩身のためのサロン通いは週に2回や3回通うこともありますが、冷やす機器を使う施術は頻繁なサロン通いにはなりません。

2週間は次回の施術まで時間を空けるので、割と余裕を持ってサロン通いができます。

施術前後の食事や体温が上げることにも注意を

頑なに落とせない脂肪でもダイエットエステの脂肪冷却であれば、無理なくスムーズに落としていくことが出来ます。

部分痩せなどは代の得意としていますが、せっかくの効果を下げないためにも、反対にあげるためにも施術前後で気を付けたいこともあります。

普段であれば体を温めることは健康に良いことですが、冷却機器での施術を行ったあとは身体をあえて温めません

全く温めては駄目なわけではなく、温めすぎないということです。

冷やす機器を使用することで脂肪細胞を凍らせるものの、まだ完全にダウンしていない細胞もあるので、温めることで活性化してします。

そのためサロンで施術を受けた後には、入浴をして芯から体温を上昇させたり岩盤浴へ出かけて発汗を促進させたりスポーツジムで思い切り汗を流すような予定は入れないことです。

その日は穏やかに過ごすようにして、ピュアな水分をたっぷりと摂取をしながら、スキンケアなどをしてリラックスするようにします。

ウエストやお腹の脂肪が気になる人も多いですから、腹部に冷やす機器を当てることもありますが、お腹が一時的に冷えます

冷やされることにより人によりますが、若干お腹が緩くなる可能性もありますし、食後だと気分が悪くなるかもしれません

。施術を受ける日には直前には食事をしないようにして、温かい白湯などを飲むなどすることです。

また施術後も何か食べたいと思っても、1時間くらいは時間を空けて、コンディションが整ってから食事をとるようにしましょう。

 

 

サイト内検索