ダイエットエステのおすすめ!人気店の口コミ情報、体験での痩身効果などもご紹介

ダイエットしてるのに痩せない!停滞期から抜け出す方法

痩せようと決心するとこれまでよりも食事量を減らしたり、運動量を増やしたりするのでスタート時は順調に体重が減ります。

一定の時期が来ると全く体重が減らなくなりますが、いつまでも続くわけではないので慌てず正しい方法で乗り切りましょう。

正しい食事と運動を継続させることが大切

痩せるための努力を始めると最初こそ体重が落ちるものの、一定の時期が来たら体重計のハリがびくともしない時期がやってきます。

順調に痩せてきた人ほどここにきて焦ることになりますが、これはダイエットをする人なら誰でも経験をすることになる停滞期だです。

食事制限をしたり運動量を増やしたりした直後は痩せやすいですが、スタートから数週間から1ヵ月くらい経つとこの時期がやってきます。

この停滞期は、人間の体内に備わっている機能のホメオスタシスが働き始めるのが理由であり、これはいわば体内における危機管理システムです。

今までの体重がどんどん減っていくことで体内ではホメオスタシスが作動をして、体重減少による生命危機から体を守ろうとすることによって、食事のカロリーを少なくしてもいつもに増して吸収力をアップするのと共に、余計なエネルギー消費をしないようにするので、なかなか体重は減りません。

さらにできるだけ脂肪を蓄えようとするのですから、ほんの少し食べただけでも太りやすくなるなど、まさに挫折をしやすい危険なゾーンです。

ただしエンドレスで続くわけではありませんので、焦って誤った行動に出てしまったり、落ち込んでやけ食いをしたりしてはいけません。

早くこの時期を抜け出したい気持ちが強くなるかもしれませんが、コツは今までの食事や運動を継続させることです。

痩せない時期は必ず終わりが来ますので、焦ることなく今まで通り正しい方法を続けてください。

食べないではなく何を食べるかに意識を持つこと

1日のうちに何回体重計に乗っても体重が減らない停滞期は気分も落ち込みますが、早くこの時期を乗り切るためにできる事を前向きに実践することです。

痩せたい気持ちが強くなると食べないことに意識が行きがちですが、とにかく食べないというだけでは不健康な痩せ方になります。

必要な栄養を摂取せずに体重が減少をすると、肌が乾燥をしたり髪の毛がパサパサになるなど、美容面で問題が出てくるのでカロリーではなく栄養を摂取することが大事です。

重要になってくるのは、痩せない時期こそ考えたい「何を食べるか」ということであり、積極的に日々の献立に健康的に痩せる補助となる食材を加えます。

痩せるためには筋肉が必須なので質の高いたんぱく質は欠かせませんし、豆腐をはじめ納豆や魚に赤身肉などを食べることで代謝も高まるため、お腹も満たされて一石二鳥です。

スムーズな排泄も痩せるためには欠かせない要素となり、食物繊維豊富な食材も毎日食べたほうが良いため、低カロリー代表のきのこ類や海藻にゴボウなども加えます。

みそや納豆などの発酵食品に、肌の潤いアップや代謝をよくするためにも、オリーブオイルや亜麻仁油などの質の良い油も適量を摂取することです。

頑張ってダイエットをしているのに痩せないのなら、ほんの数日間だけ食事のエネルギーを戻すのも1つの手段になります。

太るのではと焦るかもしれないですが実践するのはほんの2日か3日であり、体内のホメオスタシス機能がエネルギー量がいつも通りになったことで解除されるからです。

適度な筋トレで基礎代謝をアップ

食事制限だけのダイエットには必ず限界がきてしまいますが、停滞期も長引きやすいので要注意です。

そんな時期からできるだけ早く抜け出すなら、正しい食事制限は持続させながら、無理のないレベルで筋トレを取り入れるのが良い方法になります。

必要な部位に脂肪のある身体はそれだけしなやかで美しさもありますが、痩せるためにはある程度の筋肉が必要です。

適度な頻度で無理のない範囲で筋トレをすることで、体内の基礎代謝が低下するのを防ぐことになります。

体重が減っていくと脂肪も落ちていきますが、筋肉も一緒に落ちてしまいますので、筋肉が減ると基礎代謝も下がりエネルギー消費量も下がるという流れです。

だからこそ体重は落としても筋肉は落とすことなく、逆にある程度の筋肉量を付けて代謝を高めることで、痩せない時期を早めに乗り切ることにもなります。

なお、連日ハードな筋トレをするのではなく適度な頻度で行うものの、必ずお休みをする日も必要です。

トレーニングをする時に筋肉が成長をするのではなく、適度な筋トレをした後お休みの時に筋肉は成長をします。

1週間のうちに1日か2日は筋トレはお休みして、軽いストレッチ程度にすることです。

運動習慣を維持するのは良いことですが、身体が同じ運動になれてしまうことがあるので、いつもとは違ったトレーニングをしてみるとか、環境を変えてみるなど変化をつけるのも良い方法です。

 

体重が減らなくなったときには体内の身体を守る機能が作動をしていることを思い出し、焦らずに正しい食事と運動を続けましょう。

一時的に食事量を戻してみたり、食材の内容を意識してみたり、適度に筋トレを取り入れるなどチャレンジできることは色々あります。

サイト内検索