ダイエットエステのおすすめ!人気店の口コミ情報、体験での痩身効果などもご紹介

ダイエット中にオススメの筋トレ

ダイエット中は筋力トレーニングは欠かさず行う必要があります。色々な種類のある筋力トレーニングですが、どのような筋力トレーニングがダイエットに効果的なのかを考えることが大事です。腹筋ばかり行う人がいますが、もっと効果的なものがあります。

腹筋ばかり行っても効果が実感しづらい

ダイエットするには、確かに有酸素運動を行うことも大事です。特にテレビなどのメディアでは、有酸素運動を取り上げることが多いでしょう。脂肪燃焼効果を促進させるので、有酸素運動をするのが手っ取り早いのは確かです。ただ有酸素運動を行うと、極端にお腹が減りますし、日ごろからの基礎代謝量を増やさなければ、結局リバウンドしてしまいます。基礎代謝量を増やすには、有酸素運動ではなく、むしろ無酸素運動、いわゆる筋力トレーニングが必要になってくるでしょう。

お腹をへこませたいと感じている人は、腹筋ばかりやっている傾向があります。確かに間違ってはいませんが、まだ運動にあまり慣れていない人が腹筋だけやっても、なかなか結果を出すのは難しいでしょう。体全体の基礎代謝量は筋肉量で決まります。という事は、できるだけ大きい筋肉を鍛えた方が、手っ取り早く基礎代謝量を高めることができるはずです。腹筋は、体全体で見ても数%程度の筋肉しかありません。とても小さな筋肉なので、頑張って腹筋をしても苦労の割に効果は少ないと言えます。

決め手となるのは足の筋力トレーニング

ダイエットを本気で成功させたいなら、腹筋ではなく、足の筋力トレーニングをしましょう。体の半分は足の筋肉でできています。モデルのような美しい体型をした女性ほど、スクワットなどの足のトレーニングを欠かさず行っています。スクワットをすると、足が太くなるなどといったイメージを持っている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。重たいウエイトを持たなければ、なかなか筋肉の肥大化にはならないので、軽いウェイトで勝負すれば問題ないといえます。また、種類もいろいろあるので、 1つに絞らず、様々なものにチャレンジしてみましょう。

例えば、足を前後に開いたランジスクワットも、非常に効果的です。足腰全体を鍛えることができますし、慣れてくれば体幹も意識してトレーニングすることが可能となります。また、足を鍛えるのと同時に、お尻も鍛えたいと感じる人もいるでしょう。スクワットでもお尻を鍛えることができますが、デッドリフトなども加えると、さらに効果が高まります。デッドリフトの場合は、間違ったフォームで行うと腰を痛めてしまう可能性があるので、よく研究し、正しいフォームでできるまでは、重たいウエイトを使わないことも大切です。

肩甲骨まわりの筋力トレーニングも効果的

下半身と腹筋のトレーニングだけではなく、肩甲骨まわりの筋力トレーニングも、ダイエットには効果的です。脂肪燃焼効果を促進させる物質が肩甲骨の中心部に集まっています。ここをストレッチしたり、鍛えたりすることによって、体全体の脂肪燃焼効果を促進させる働きがより活発になるでしょう。デッドリフトでも鍛えることができますが、他にも様々なダンベルトレーニングなどがあるので、色々と調べた上で実践してみることをおすすめします。

また、どんなに筋力トレーニングをしても、しっかりと食べなければ無意味です。筋力トレーニングをした後は、大豆タンパク質を中心としたバランスの良い食事を心がけることが非常に重要です。筋力トレーニングをしたにもかかわらず、しっかり食べないような状況を続けていると、体を壊してしまいます。そうなることを防ぐためにも、しっかりと体を動かして、その分食べるようにしましょう。そうすることで美しい体型を維持できます。また、お肌もつやつやになりアンチエイジング効果も期待できます。

筋力トレーニングは、ダイエットに対して大きな有用性があります。腹筋ばかり行っている人もいますが、基本的には基礎代謝を高めるために、下半身の筋力トレーニングを中心に行うべきでしょう。脂肪燃焼効果を促進させる物質が集まる、肩甲骨まわりの筋肉を鍛えることも大事です。

サイト内検索